葬儀のタイミングの決め方

葬儀のタイミングの決め方 葬儀は多くの場合、急に決まることになります。結婚式とは異なり、いつ人間が死ぬかを予測することができないからです。ですからあらかじめ葬儀のスケジュールを決めておくことはできないということになります。では急に葬儀をやることになった場合にはどのように対処すればいいのでしょうか。

まずは必要以上に焦らないことです。故人が亡くなってから何日後にお葬式をしなければならないという決まりがあるわけではなく、一つずつ準備を行ってその流れでお葬式をすればいいと考えると、焦る必要はありません。しかしながら長期間に亘って遺体を自宅などに安置するわけにはいかないので、着々と準備を進めていくことが求められます。いざという時に慌てないためにも、日ごろから葬儀について考え、会社をリサーチしておくこともスムースに執り行う方法の一つとしておすすめです。

葬式の日程ですが、一般的には故人が亡くなった日を1日目というようにカウントすると2日目にお通夜、3日目に告別式を行うことになります。しかしながら、故人が夕方以降に亡くなった場合には、さまざまな準備のことも考慮して、故人が亡くなった日の翌日を1日目とカウントして、翌々日にお通夜をする段取りとなります。告別式と火葬は同じ日に行われますので、まずはその日を確定することが必要です。一方で死んだその日に火葬することは法律では禁止されていることも、常識として知っておきましょう。また、友引の日は火葬をしないことが多いので、火葬場がお休みということも考えられます。

葬儀を行うには僧侶の手配が必要です。僧侶の方の日程が立て込んでいるような場合も、葬儀の日程調整が必要になります。僧侶がいないことには葬儀をすることができませんので、その点は考慮しなくてはなりません。更にはどうしても参列することが必要になってくる親族のスケジュールの調整も必要です。例えば親族の方が海外に住んでいるような場合には、その方の帰国を待つ場合もあるでしょう。また、葬儀に関しては、その地方ならではの慣習のようなものも存在していますので、それについても検討しなくてはならない場合もあります。どのように葬式のスケジュールを組めばいいのかわからないような場合には、葬儀社の方に相談すると適切なアドバイスがもらえるでしょう。24時間365日いつでも相談可能な会社であれば遠慮なくスケジュールについての相談をすることができるので、緊急の時にも安心です。

最新ニュース