葬儀のアレンジ

最近は葬儀の形態も非常に多様化してきています。従来ですとお通夜と告別式が別々の日に行われていましたが、最近ではシンプルに1日だけで葬儀を完了させることもできるようになっています。いわゆる家族葬によって故人の冥福を祈る形の葬儀をするようなケースも出てきています。

お葬式は基本的にはしめやかに行われるものですし、列席者もそのつもりでいることが多いのですが、家族葬の場合には基本的に身内だけでお葬式を行っていきますので、場合によっては華やかな思い出に残るようなお葬式を行うことも可能です。たとえば、故人の好きだった音楽を聴きながらのお葬式や、故人の希望に合わせたお葬式にするというようなことも、リクエストをすれば行うことができるので、家族葬の場合には特に事前にしっかりとした打ち合わせをしておくようにするとよいでしょう。記憶に残るようなお葬式をすることができます。

まだ、葬式を行う場合にはお坊さんなどの宗教者に来てもらうことが必要とされていましたが、無宗教の方も当然いますので、そのような方に合わせた宗教者の参加しないタイプの家族葬を行うことも可能となっています。家族葬を行うための適当な場所についても、葬儀社に相談してみるようにするといいでしょう。家族葬専用のスペースを提供してもらえる場合もあります。また、家族葬を行う際には当然のことながら人数に関わらず、貸切状態で葬式を行うことが必要になりますので、それが可能かどうかもあらかじめ葬儀社の方に相談して確認しておくようにすると良いでしょう。